忍者ブログ
注意事項は必ず読んでくださいね~^ω^
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何にも興味が持てなくなった瞬間。
この瞬間全てがどうでもよくなる。
面白いと思っても興味が無いのだから上辺だけの感情になってしまうだろう。
悲しいと思うのもまた然り。
全ての感情が虚構になってしまう。
感情だけに止まらない。
友人だの親だのそういった類いも全て私の中で虚構になる。

ならば私が今此処に居る意味は?
私が生きる意味は?
私という存在は何処に在る?
そんなものはない。
私を知り回りに居る者の中には存在し得るだろうがそれもまた虚構だろう。
それに気付いていないかもしれない。
しかし限りなく空に近い箱を置いている事には間違いない。

私はこう有る事に嫌気が差し私を消そうとする。
しかし消えようと思っても消えられない。
虚構であってもそれら全てが私の消失を否定し食い止める。
消えようとしたところで何が必ずと言っていいほど邪魔が入る。
この邪魔をどうする事も出来ない。
私は弱いから。
この事に嫌気が差し私は消えようとする。
嗚呼、また邪魔が入った。

つまらない。

 

拍手[0回]

PR

平等が在るからこそ不平等が生じる。
不平等が在るからこそ平等が生じる。

常に平等にしていると豪語している者ほど不平等を造り上げている。
これに気付かないことは幸せであるが他人にとっては不幸である。
常に不平等の中で苦しんでいると嘆く者ほど平等を造り上げている。
これに気付かないことは不幸であるが他人にとっては幸せである。

これは不平等だ。
しかしこの不平等が在るからこそ平等が存在し得る。
平等が在るということは平等なのだ。

平等は不平等という不幸の上にしか成り立てない幸せである。

拍手[0回]

嗚呼嫌いだ。
きらい嫌いキライ。
私という存在が。

嗚呼好きだ。
すき好きスキ。
彼女という存在が。

私は私という存在が嫌いであるが彼女は私という存在が好きらしい。
私はこの事実が嫌いだ。

私は私という存在を嫌い彼女もまた私という存在が嫌うらしい。
私はこの理想が嫌いだ。

私は私という存在を好き彼女もまた私という存在を好くらしい。
これは有り得ない妄想だ。

私はこれらの事実を受け入れつつ嫌いでいるにも関わらずどこかで好いている。
私はこれらの理想が叶うことを願っているにも関わらずどこかで拒絶している。
私はこれらの妄想をしているにも関わらず叶うことを望まずどこかで嫌っている。

常に繰り返すこれらの矛盾は何か。
この答えは分からないだろう。
誰も知らないだろう。
理解することは不可能だろう。
だが私自身ならば理解し得ることが出来るかもしれない。

そうで在るならばこの矛盾は私の存在を示唆するものなのだろうか。
私という存在が矛盾を造り矛盾が私という存在を造る。
自家撞着を繰り返し私という存在を造り上げる。

私=矛盾で在るならば私という存在は不要で在るのだろうか。
否、この愚問自体が不要だ。
答えは誰も知らないのだから。

拍手[0回]

寂しいのはいつものことだ。
悲しいのはいつものことだ。
苦しいのはいつものことだ。
もう慣れてしまった。
飽き飽きするくらい毎日感じているのだから。
死ねばこれを感じることもない。
何も悩まないし楽だろう。
しかし死ねるのかと問われれば答えは「NO」だ。
昔も。
今も。
これからも。
 
生きたいと思えない寂しさ。
本当の感情を忘れてしまった悲しさ。
死にたくても死ねない苦しみ。
これらはいつから思い始めただろうか。
嗚呼、あの時か。
あの時からこうなってしまった。

時の流れとは恐ろしいものだ。
この感情全てを「無」にしてしまった。
今ある感情全てを上辺だけのものにしてしまった。
 
「感情」とは何か。
「本心」とは何か。
「生きがい」とは何か。
そんな問いは私には愚問だろう。
答えはいつも決まっている。
「知らない。」
「忘れてしまった。」
「分からない。」
それだけだ。
 
だが今なら何と無く分かるような気がする。
あの少女の存在によって。
今の私の「存在価値」はあの少女によって成っている。
「あの少女」を失えば「私の全て」を失うだろう。
 
今となっては「私」=「少女」。
だから「私を消す」ということは「少女を消す」ということ。
「少女を消す」ということは「他の全てを消す」ということ。
それは即ち私が「最も嫌う行為」であることに他ならない。
だからこそ私は「死ぬ」わけにはいかない。
だからこそ私は「消える」わけにはいかない。
 
これら全て消えることの無い「   」。

 

拍手[0回]

初めてのやつが携帯でシコシコ打ってた奴だったんだ。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
いもお@叉月
性別:
非公開
趣味:
創作
自己紹介:
百合薔薇ノーマル何でもこい。
エロ・グロもバッチコイ。
何でもかんでも食べてしまうような雑食です。
気をつけましょう。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
アンケート
TwitterBOT
Twitter ブログパーツ
Twitter ブログパーツ
Twitter ブログパーツ
Twitter ブログパーツ
Twitter ブログパーツ
Twitter ブログパーツ
TwitterBOT2
Twitter ブログパーツ
フリーエリア
Twitterブログパーツ
最新コメント
[09/29 メタリックガール]
[09/25 メタリックガール]
[09/12 メタリックガール]
[08/12 メタリックガール]
[08/12 メタリックガール]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]